【6/27(木)開催!】子どもたちの”選択肢”を増やすための包括的な支援とは~一般社団法人チョイふるの実践事例~(こども支援ナビ Meetup vol.22)

こども支援ナビMeetup vol.22 開催のお知らせ

こども支援ナビでは、子どもに向き合う全国各地の支援者が繋がり、学び、支え合う取組を広げていくため、ゲストをお招きして学び/知見/意見をシェアするイベントを「こども支援ナビ Meetup」と題して定期的に開催しております!

今回は、一般社団法人 チョイふるの代表理事 栗野泰成氏をお迎えし、「子どもたちの”選択肢”を増やすための包括的な支援とは」というテーマでお話いただきます。

チョイふるは、「本来たくさんある「はず」の選択肢を、少しでも身近に。」をミッションに掲げ、食糧宅配事業やオフライン・オンラインの居場所の運営、LINEを活用した生活相談支援事業などを実施している団体です。
本イベントでは栗野氏に、食糧支援を入口としたワンストップの支援とはどのようなものなのか、他の団体とどのような協働体制を構築しているのか、現状の課題や今後の展望などについてお話いただきます。
イベントの後半では、参加者の皆様から頂いたご質問に対する質疑応答を実施予定です。ご活動について聞きたいこと・気になることや、一緒に考えてみたい「問い」などをお寄せいただければと思います。

  • 子どもたちの選択肢を増やす支援とは
  • 地域でのワンストップの相談窓口、支援
  • 他団体との協働の事例

などにご興味のある方は、是非ご参加ください!

お申し込みフォーム
※6月27日(木)9時00分申込締切

※本イベントはウェビナーにて開催しますので、カメラオフ・マイクオフでご参加いただけます。質疑応答はウェビナーのQ&A機能にて実施いたします。

イベント概要

出演者

一般社団法人 チョイふる 代表理事
栗野 泰成 氏

1990年、鹿児島県生まれ。大学卒業後、小学校教員・JICA海外協力隊での教育現場を経て、2021年に一般社団法人「チョイふる」を設立し、代表理事に就任。
社会経済的に困難を抱える子どもたちが、既存の支援にたどり着けない・頼れる存在がいないといった「本来はたくさんある”はず”の選択肢を、身近に感じられないこと」に問題意識を感じる。
そのため、Choicefulな社会を実現するため、困窮子育て家庭を対象に、①食品配達を通じた見守り ②居場所づくり ③生活相談支援事業を展開している。

認定NPO法人Learning for All 子ども支援事業部 エリアマネージャー

宇地原 栄斗 氏

1995年生まれ、沖縄県那覇市出身。
沖縄県立開邦高校を卒業後、東京大学教育学部に進学。
大学時代からLFAでのボランティア、インターン活動に取り組み、子ども達への支援を行う。2019年、新卒でLFAに入職し、現場のスタッフ・マネージャーを務める。
現在は東京都葛飾区、埼玉県戸田市、茨城県つくば市のエリアマネージャーを担当。
2023年度4月より子ども家庭庁が設置する子ども家庭審議会のこどもの居場所部会において委員を務める。2023年度4月より葛飾区くらしのまるごと相談事業推進委員会委員を務める。

タイムスケジュール

・オープニング(10分)
・栗野本氏ご講演(40分)
・質疑応答(モデレーター:LFA宇地原氏)(30分)
・クロージング(10分)
※内容は当日変更になる可能性がございます

イベント開催日時・申込について

開催日時:2024年6月27日(木)19:00~20:30 ※参加無料・事前申し込み制※
開催場所:オンライン
(お申し込みいただいた方へイベントの参加URLをお送りします)
お申し込みフォーム:https://forms.gle/38jfQBdrWgMba5CA8

※参加申し込み締め切り:6月27日(木)9時00分

お問い合わせ

NPO法人Learning for All イベント事務局
メール:contact@learningforall.or.jp

この情報は役に立ちましたか?