4/16(火)開催!:「法」の観点から子どもの最善の利益を守る ー子ども・学校に関する弁護士の取り組みとは(こども支援ナビ Meetup vol.21)

こども支援ナビMeetup vol.21 開催のお知らせ

こども支援ナビでは、子どもに向き合う全国各地の支援者が繋がり、学び、支え合う取組を広げていくため、ゲストをお招きして学び/知見/意見をシェアするイベントを「こども支援ナビ Meetup」と題して定期的に開催しております!

今回は、子どもの権利保障に関わる様々な活動・ケースに携わるおにざわ法律事務所の代表弁護士 鬼澤秀昌氏をお迎えし、「『法』の観点から、子どもの最善の利益を守る ー子ども・学校に関わる弁護士の取り組みとは」というテーマでお話いただきます。

近年、学校内で発生する問題に対してアドバイスを行うスクールロイヤーや、子どもの人権侵害に対して相談受付・救済を行う子どもオンブズなど、法の専門家である弁護士が関わることで法的な観点から子どもの最善の利益を保障していく取り組みが全国に広まりつつあります。

本イベントでは鬼澤氏に、子ども・学校に関する弁護士の取り組みにはどのようなものがあり、私たちはそれらをどう活用していけるのか、現状の課題や今後の展望などについてお話いただきます。

イベントの後半では、参加者の皆様から頂いたご質問に対する質疑応答を実施予定です。ご活動について聞きたいこと・気になることや、一緒に考えてみたい「問い」などをお寄せいただければと思います。

  • なぜ子ども・学校に関する問題に、法の専門家である弁護士の力が求められるのか
  • スクールロイヤーや子どもオンブズ、相談支援など、弁護士が関わる子ども・学校に関する取り組みにはどのようなものがあり、私たちはそれらをどう活用できるのか
  • 現状の課題や今後の展望

などにご興味のある方は、是非ご参加ください!

お申し込みフォーム
※4月16日(火)9:00申込締切

※本イベントはウェビナーにて開催しますので、カメラオフ・マイクオフでご参加いただけます。質疑応答はウェビナーのQ&A機能にて実施いたします。

イベント概要

出演者

おにざわ法律事務所 代表弁護士
鬼澤 秀昌氏
東京都出身。司法試験合格後、教育系NPO法人の常勤スタッフとして勤務。その後、大手法律事務所を経て、2017年に「おにざわ法律事務所」を開業。第二東京弁護士会・子どもの権利委員会、日本弁護士連合会・子どもの権利委員会、学校事件・事故被害者弁護団などに所属。

 

認定NPO法人Learning for All 子ども支援事業部 マネージャー
木村 駿氏

東京大学卒業。在学時よりボランティア・インターンとしてLearning for Allに参画し、その後職員として入職。困難な状況に置かれた子どもたちが「なりたい自分」になるための手助けをし、また社会課題を自分ごととして捉える人を増やすことを目指す。現在は子ども支援事業部のマネージャーとして学校内の別室登校拠点や中高生向けの居場所拠点を担当。

 

 

タイムスケジュール

・オープニング(10分)
・鬼澤氏ご講演(50分)
・質疑応答(モデレーター:LFA木村氏)(20分)
・クロージング(10分)
※内容は当日変更になる可能性がございます

イベント開催日時・申込について

開催日時:2024年4月16日(火)19:00~20:30 ※参加無料・事前申し込み制※
開催場所:オンライン(お申し込みいただいた方へイベントの参加URLをお送りします)
お申し込みフォーム:https://forms.gle/CvE8PgtCgmpbbr3y8
※参加申し込み締め切り:4月16日(火)9時00分

お問い合わせ

NPO法人Learning for All イベント事務局
メール:contact@learningforall.or.jp

この情報は役に立ちましたか?